読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安井政昭のテニスは紳士的なスポーツだ

テニスが大好きな安井政昭のブログです。

ソフトテニスとは?

ソフトテニス(軟式テニス)は日本へテニスが紹介された当時、テニス用具の国産が難しく輸入品が高価であったため、比較的安価に輸入(独)[要検証 – ノート]できたゴムを材料としたボールが使われたのが始まりである。アジアを中心に行われていたがプレイさ…

テニスをする際の決まりごと

公式の試合において、着用する服装はルールにより定められている。 清潔でプレーにふさわしいと認められたテニスウェアを着用しなければならない他、トーナメントによっては開催要項に明記して、服装の形や色を規制する場合がある。 有名なのはウィンブルド…

アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した

1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。 アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米…

テニスの起源について

複数の人間が1つの球を互いに打ち合うという形態の球技の起源は、紀元前にまで遡ることが出来る。エジプトでは宗教的な行為のひとつとしてこのような球技が行われていた。紀元前15世紀の壁画で球を打ち合う球技を行う人々の姿が描かれたものが発見されている…

追記:バレーボールにおけるデュース

バレーボールでは、デュースでない場合には、第1から第4セットでは25点、第5セットでは15点を先取した側が1セットを獲得する。従ってデュースは、第1から第4セットでは24対24、第5セットでは14対14、およびそれらの後で同点となった状態を指す。デュースの際…

補足:卓球におけるデュース

卓球には、ルール上定義された用語としては「デュース」は存在しない。ただし、相当する便利な用語がないため、会話上では使用されるケースも見られる。この場合、卓球の1ゲーム(テニスなどからの想像により「セット」と誤用されることの多い試合の単位)は…

硬式テニスにおけるデュース

硬式テニスでは40-30(フォーティー・サーティー)または30-40(サーティー・フォーティー)の時に、30だったプレーヤーまたは組がポイントを取り、40-40となった状態をデュースという。ここからはどちらかが2ポイント差をつけるまでそのゲームは続く。1ポイ…

ソフトテニスにおけるデュース

ソフトテニスでは3-2(スリー・ツー)または2-3(ツー・スリー)の時に、2だった選手、組がポイントを取り、3-3となった状態をデュースという。ここからはどちらかが2ポイント連取するまでそのゲームは続く。1ポイント取った側が、サーバーだった場合はアド…

GrandSlam

グランドスラムとは、 一般的には国際テニス連盟が定める4大国際大会を全て制覇する事を指す。元々はトランプゲームのコントラクトブリッジで圧勝を示す言葉であり、本項のグランドスラムはその用語を拝借したもの。■全豪オープン■全仏オープン■ウィンブルド…

全米オープン

全米オープンとは、アメリカ・ニューヨーク市郊外にあるフラッシング・メドウのUSTAナショナル・テニス・センターを会場として、毎年8月の最終月曜日から2週間の日程で行われる4大国際大会の一つである。観客動員数や賞金総額はテニス競技大会で最大規模を誇…

ウィンブルドン選手権

ウィンブルドン選手権とは、イギリス・ロンドンのウィンブルドン (Wimbledon) で開催されるテニスの四大国際大会の一つである。本大会の名称は、以前は「The Lawn Tennis Championships on Grass」であった。この名称が短縮され、現在は「The Championships…

全仏オープン

全仏オープンは、テニスの4大国際大会であるグランドスラムの一つ。フランスの首都パリの名所ブローニュの森の隣接するスタッド・ローラン・ギャロス(Stade Roland Garros)にて、5月末から6月初めにかけて開催される。

全豪オープン

全豪オープンテニスとは、毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。

テニスの概要

テニスは二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでフェルトで覆われたゴムボールを打ち合う球技です。庭球(ていきゅう)とも表記するんですよ。オリンピック競技であると同時に、車いすに乗った人を含めた全ての年代層に楽しまれているスポーツ…